2016年07月08日

今年はあと7回ビールが飲める!

先月、6月26日にお酒を飲みました。
これは、もちろん、つい飲んでしまったというようなものではなくて、ちゃんと数日前から、この日に飲もうと思っていた予定通りの行動です。
ビール、美味しかったです。昼間から飲んで2リットルくらいビールを飲んだと思います。
でも、半禁酒生活には全然影響ありません。やっぱりお酒は、飲むとそれなりにしんどいなあと、実感を持って思えるのが大きいです。そう思えるうちは、苦しくなくビールを控えられると思います。こういうのは、いつ変わるかわからないですよね。そこは、自信なんてぜんぜん持てません。
相変わらず、ビール代わりの、グリーンシャワーが美味しいです。
posted by ビール好き at 22:13| グリーンシャワーな6月

2016年06月12日

一滴もアルコールを飲んでいません

ビールをやめて、一ヵ月を越えました。

正確にはビールやお酒をやめたわけではなくて、5月の2週目あたりで、今年中はあと8回しか飲まない、と決めたわけなのですが、それからまだ、一滴もアルコールを飲んでいません。
その代わり、炭酸水をかなり飲んでいます。一日に1リットルは軽く飲んでいます。

炭酸酩酊という、よく原因のわからない、症状があるそうなので、できるだけ少なくしようとはしていますが、これまでになく、炭酸水を飲んでいます。美味しいです。
炭酸酩酊は、短時間で1.5リットルくらい飲むとおこりやすいと、書かれていることが多いので、そこは気をつけています。炭酸酩酊って、それで酔えるならいいのでは、と思う方もいるかもしれませんが、そもそも酔いたくないので、ビールを遠ざけたのです。

誤解のないように書いておくと、禁酒が辛くて、その代わりの飲み物として炭酸水を飲んでいるというのとは違います。お酒が飲みたいと思うことはほとんどなくて、我慢している感覚はほぼゼロです。
何回かは、今、ビール飲んだら美味しいだろうな、と思った瞬間はありました。でも酔いたくないな、という感覚の方がベースにあるので、一口炭酸水を飲んだら、アルコールへの欲は簡単に消えます。

それはちょっと不思議というか、2ヵ月前の自分からは想像できないくらい、アルコールが人生から遠ざかってしまいました。

タイミングが良かったのだと思います。
あとは、このブログと、炭酸水など、ビールの代わりの飲み物を探すという、ちょっとした楽しみを設定できたことが大きいと思います。

習慣というのは、決して合理的なものではなくて、ちょっと離れて見ると、いろいろ無理しているんだなというのが見えてきます。ビールを飲んだら気持ちよくなれると、どこかで無理に信じようとしていましたね。
一口目のビールの美味しさを自分の中で演出を交えて想像して、「飲みたい!」と強く思ってから、飲んでいたな、と。


やっぱり、今のところは、このグリーンシャワーが一番いいです。
今日はビールなくていいわ、と素直に思えます。






さわやかですよ〜。



posted by ビール好き at 21:31| グリーンシャワーな6月

2016年06月01日

グリーンシャワーをこの九州あわ水で割る

ビールを飲まなくなって、もうすぐ一ヵ月。
相変わらず、すごい勢いで炭酸水の空ペットボトルが溜まっていきます。
けっこう、このゴミの問題から、炭酸水メーカーを購入する方がいるみたいですね。
何と言っても500ミリで最低65円はするものを毎日2〜3本飲むとなると、コストを抑える方法を考えてしまいますよね。

もちろん、炭酸水メーカーは検討しました。
ただ、ガスを補充するのが面倒なのと、あのマシンが邪魔、そして専用のペットボトルが嫌で、保留にしていました。
強炭酸好きだと、それほどお得感もないというレビューもあったし。

そして、ついに、メーカーにせまる低コストの炭酸を見つけました。
これはすばらしい。





炭酸水 九州あわ水 1.5リットルが一本136円。
500ミリ換算で46円。

炭酸水 九州あわ水 1.5リットル×16本のセットなら送料無料で購入できました。
1.5リットルというところが、人を選ぶかもしれませんが、私の飲み方ならぜんぜん大丈夫でした。
2日あれば空になるので。
美味しい、というか、普通に美味しいです。炭酸の強さもしっかりあります。
安心して飲めて、この値段。
ゴミも、少なくなったと言ってよいでしょう。
今のところ、グリーンシャワーをこの九州あわ水で割る、という飲み方が最高です。

posted by ビール好き at 21:36| グリーンシャワーな6月

2016年05月29日

炭酸酩酊の原因は?

今日は、晴天で、強い日差しの中、4時間くらい外にいた。
レジャーシートの上で、グリーンシャワーを2本。これはやはり美味しい。
その後、室内でも、1リットル分は、炭酸水を飲んだ。
これは、ちょっと飲み過ぎだろう。
炭酸酩酊というのもあるらしい。
炭酸水で酔っぱらってしまうらしい。
ブログでこのことを自分の経験談として書いている人もいる。
だけれど、その炭酸酩酊のメカニズムや原因についての情報が、Web上では見つけられない。それほどちゃんと探したわけではないけれど。
まあ、でも気をつけよう。酔っぱらいたくないからビールを半ば止めているわけで。
posted by ビール好き at 21:55| ビールをだいぶ飲んだ5月

2016年05月21日

これはうまい。グーリンシャワー。

今日、大型スーパーで、見たことのない炭酸水を買ってきたので、さきほど飲んでみた。
ポッカサッポロのグリーンシャワーという、香る炭酸水。ラベルには、ホップの絵が描いてある。

これが、かなりいい。
ビールの代わりの飲み物を探求するブログとしては、これはおすすめしないわけにはいかない。
はっきり言って、ノンアルコールビールより美味しくて、ビールの代用品としての役割をこなせるポテンシャルがある。ノンアルコールビール特有のべたべたした甘さがないのがいい。





これは、おすすめ!

posted by ビール好き at 22:18| ビールをだいぶ飲んだ5月

2016年05月17日

肌が綺麗になりました

今日は、イオンの甘くない桃の香りがする炭酸水を飲んだ。
美味しい。あまりに美味しくて、ぶどうの香りがする炭酸水の方も飲んでしまった。
こちらもなかなか。桃の方が好みだけれど、日によってこちらを選ぶこともありそう。

ビールを飲まないようになって、もう10日。
明らかに肌が綺麗になりました。髪の毛にも張りが出てきたような。どうしてだろう。そんなにアルコールは負担だったのか。

それにしても、ビールの代わりの飲み物は、けっこうありますね。
炭酸水を試し尽くしたら、きっとお茶の世界へ入っていくだろうと思います。どくだみ茶とか。
posted by ビール好き at 23:34| ビールをだいぶ飲んだ5月

2016年05月13日

眼球の動きが良くなる

今日は、炭酸水でおきなわの果実、たんかんジュースを割ってのんだ。ちょっと糖分が多そうなジュースなので、炭酸水で割るくらいがちょうどいい感じ。

ビールを飲まなくなって、実感するのは、眼球の動きが良くなること。
朝の通勤時に運転していて、信号や歩行者に焦点が合うのが早い。嬉しくていろんなところを見てしまう。神経や筋肉だけでなく、視覚情報の処理能力にも関係しているのかもしれない。

今日は、帰宅してからも、会社のことをいろいろ考えてしまった。ちゃんと、考える内容をコントロールしたいなあ。

posted by ビール好き at 23:58| ビールをだいぶ飲んだ5月

2016年05月12日

心配症的な習慣をやめてみようと思って

今日は、もころし茶と炭酸水を割って飲んでみた。これが、また美味しい。北海道の空港に、とうもろこしチョコみたいなのがあるけれど、あんな風味で甘くないお茶、でシュワシュワ。自分の味覚がおかしくなっているだけのような気もする。

ビールは、忘れられたように今も冷蔵庫で冷えているけれど、べつに飲みたいと思わなくなった。ビールを飲む日を、水曜日と金曜日と土曜日とかにしていた頃は、それ以外の日が苦痛だった。あと一日我慢すれば、ビールが飲める、と思っていた。

でも、今年中であと10回しか飲まないと思うと、そんなふうには考えない。夜の12時残業の日には、時計をほとんど見なくなるのと似ている。あと少しとか、ここを我慢したら、みたいなことを考える筋道が消えてしまうので、意外と精神的に楽になるのだ。

習慣を変えるのは難しいけれど、反面、不思議なくらいに、ころっと変えられるものだな、と思うこともある。
禁煙をしたときもそうだった。1カートン買った翌日だったけれど、ちょっとしたきっかけですっぱりやめることができた。以来10年以上一本も吸っていない。
ときどき、一本吸ってしまってものすごく後悔するリアルな夢を見るくらいだ。

あと、朝、悪いことを考えない、不安にならない、というのがあるな。自分の意志で習慣を変えることが出来た一番大きなものがこれだな。大学一年生だった。ある日、心配症的な習慣をやめてみようと思って、やってみたらできたのだ。次の日も、その次の日の朝も、物事の良い面を見て過ごすことができる。バカみたいだけれど、本当に、それが新しい習慣になった。自分の考える内容をコントロールできたのはけっこう驚きだった。
でも、あの一時期だけできることだったみたいで、日常的に、怖れるのをやめるとか、怒りを抑えるとか、猫背をやめるとか、いろいろ試みたけれど、ぜんぜん上手くいかなかった。だからこそ、朝のポジティブシンキング習慣のことは今でも覚えているのだ。
posted by ビール好き at 23:08| ビールをだいぶ飲んだ5月

2016年05月11日

ビールを控えているのは、その象徴

一週間ビールを口にしていない。
気のせいか、肌がきれいになったような……。
朝の目覚めは、ビールを飲んでいた頃よりも良いけれど、そんなに劇的に良いわけでもない。炭酸水に関係ないかもしれないけれど、すこし差込むような痛みが腹部にある。


この一週間は、ビールをやめて、夜は11時半には寝るようにして、仕事のストレスを自宅に持ち込まないようにした。自分の環境を変えて、考える内容、見る内容を変えていこうとしている。ビールを控えているのは、その象徴で、自分のコンディションを整えているのだ。

仕事の、特に嫌なことを、自宅では考えないのは、けっこう難しい。でもそうしたいと前から思っていた。そんなことをあれこれ頭に留めている場合ではないのだ。同じようなことを堂々巡りで考えたり、ただ心配したり、イライラしたり、自分をコントロールできていない状況は苦痛だったし、もしかしたらビールを飲むことはそういう制御できない思考から遠ざかるための道具だったかもしれない。
でもビールは必要ない。ビールを飲むと、嫌なことを考えないだけでなく、未来のことも考えられなくなってしまう。生産能力が落ちるというのは、そういうことだ。自分の環境を変えたい。ここでもうひと踏ん張りしたい。ずるずる惰性でいきたくない。

今読んでいる『 トリガー / マーシャル・ゴールドスミス(楽天へ)』によると、基本、自分の環境というのは変えたくないものらしい。環境の変化を人は嫌う。夜、起きているという環境から、布団の中へという環境の変化さえ嫌う。だから、ついつい夜更かししてしまう。同じように、朝は布団から出たくなくなってしまう。規則的な生活の利点をきちんと理解していて、そのように日々を過ごしたいと心から思っている人でも、自分の環境を制御できない。「<環境>は扱いづらい人間のように、あなたに影響する」と著者はいう。
まだ前半しか読んでいないのだけれど、とても自分の感覚にフィットする、鋭い洞察がたくさんある。今の自分にぴったりすぎて、不思議なくらい。本を読んでいるとこういうことってときどきある。今の自分のための本だと感じる。

さて、環境の手綱を握る手法を見つけることはできるだろうか。
posted by ビール好き at 22:45| ビールをだいぶ飲んだ5月

2016年05月10日

ノンアルコールビールもうまい

うん、久しぶりに飲むノンアルコールビールはうまい。昔はもっとあやしくて、体に悪そうで手が出ない商品でしたよね。今だって、ちょっと体に悪そうな気もしますが(炭酸水と麦茶を混ぜて飲んでいると、そう感じる)。


自己流GTDをやっているのですが(GTDを学ぶなら、やっぱりこの一冊、[送料無料 翌日発送] ストレスフリーの仕事術−仕事と人生をコントロールする52の法則 【中古】 著者 デビッド アレン(楽天へ) ですよね)、そのGTDにおけるプロジェクトフォルダの代わりを、ブログでやったらどうだろう、と思ったのです。

つまり、ビールを少し控えるのは、課題というか、タスクというか、達成したいことで、そのためにできることは何か、次に取るべき行動は何かを考えて、実行していくわけですが、その思考の流れをブログ上でするわけです。
だからなんだ、って感じですが。

文章にしながら考えることができるのが一番のメリットですね。新しい経験です。日記を付けてみようかな、と思えますね。

ビールを控えることも、このブログも、新たな試みなわけです。自分の習慣とか環境をどんな風に変えていけるのか楽しみなところです。

いま、トリガーという本を読んでいます。これが偶然なのですが、自分の環境の話なので、とても面白く読んでいます。この本については、また。
posted by ビール好き at 22:52| ビールをだいぶ飲んだ5月